仕事が忙しいと勤務時間が長くなって大変ですよね

今までは私がレンタルビデオ店でDVDを借りてきたり、huluで面白そうな番組を見つけては夫を誘って一緒に見ていたんですが、パソコンを買ってもらってからはパソコンで遊ぶようになったので夫はなんだか快適そうです。

彼の身になって考えてみれば仕事から帰ってきてのんびりしたい時に、私に一緒にあれ見ようこれ見ようと言われるんですもんね。嫌でしょうね。
私だったら面倒だな、一人にしてくれ。休ませてくれと思ってしまいます。それでも結局今までは付き合ってくれていたのだから偉いですよね。

現在は私が大人しくパソコンで遊んでいるので、夫はのびのび過ごしています。
最近では居間でごろごろしているなーと思ったら、いつの間にかいびきをかいて寝てしまっていることが多いですね。

疲れているんだと思います。
帰宅時間も遅いですし、今は会社で問題があってなかなか休めないようなんですよ。
そうでなくとも仕事量の多い会社です。こんなに忙しい人によく毎晩一緒にDVD見ようなんて言っていたなあ。ごめんよとブランケットをかけてあげていますよ。
日頃相手の仕事ぶりを見る機会はないけれど、気にかけてあげないといけないなと思いました。

クリアネイルショット楽天

トップアスリートのメンタルについて

トップアスリートってどうしてあんなに本番に強いんでしょうか。いざという時に絶対失敗してしまうタチなので尊敬しています。
私はスポーツ全般へたくそなのでスポーツできる時点で眩しくて直視できないような人達なのですが、そんな方々が大会等で勝ち進んだりするとどういう心境なのかと想像してはお腹が痛くなります。

国民から期待されていますからね。ものすごいプレッシャーでしょう。
勝てばいいけれどもし負けたらキツイ事を言われたりあいつはダメだと噂をされたりする可能性もあるわけですよね。
そんな中でプレーしなければならないんですよ。精神力が半端じゃないです。

もし自分が明日からいきなりトップアスリートになって大会に出ることになったら腹痛で欠席しますね。
背負う期待に潰されますもの。
こういうことを考えていたらトップアスリートの人達を見る目が変わりましたよ。ますます尊敬するようになりました。
こんなに精神的に強い人間だと、営業職もできるんでしょうね。私は心が折れてダメでしたが、トップアスリートなら余裕そうですよ。

地味だけど色々はじめてみました

とあるテレビ番組を見ていたら、何事も今頑張るのが良いとのこと。イマイチなんのことかわからなかったのですが、どうも大きなことを人間は思い描くのが難しいとのこと。だから地味でもいいから一日一歩やるっていうのが大事ということらしいです。

よくベビーステップと呼ばれますけど、一歩を小さくすればなんでも始められたりするんですよね。

というわけで、地味なのですが少しずつはじめてみることにしました。

その一つがまず、地理の教科書を読むことです。学校の先生になって、毎回自転車運転みたいな授業だったので色々直したいなって思っていまして。そこでとりあえず教科書をちゃんと読もうと。それだけで間違いをなくせるのでは?って思っています。

まずは太い文字のところを抜き出して、そこを調べてみようと思っています。あと、世界の歴史とかすごく長い本も読みたいので、それも最初の部分だけでもと思って読み始めてみました。これから余暇にちょこちょこ頑張って読んでいきたいと思います。

出典:おっさんだってベルタ酵素の効果で痩せちゃうんだから!

大好きな公園に行ったのにいつの間にか滑れない

散歩が大好きな息子を連れ週末は大きな公園へ遠出するようになりました。遊具には目もくれず散策を楽しんでいた息子ですが、何度か行くうちに滑り台に興味を持ち始めました。何度か一緒に滑ると楽しかったようでどこに出掛けたいか聞くと「滑り台」と言うようになり、慣れてきて一人でも滑れるようになると「見て」と何度も自慢するように滑り楽しんでいました。

やっと滑れるようになった頃に私の妊娠が分かり自宅安静が続き公園へ家族で出掛ける事が出来なくなりました。出産し娘も出掛けられるようになったので、久しぶりに滑り台の公園へ行く?と聞いてみると「行く!」と即答しました。いつもは好きな散歩に行く前でもイヤイヤして中々着替えないのですが、この日は早く着替えたい。

早く出掛けたいと親が準備が間に合わないぐらいに張り切っていました。そして公園につくと、普段なら手を繋ぎたがる子が滑り台を見つけると一人で走り出しました。喜んでくれて良かったと思っていると、滑り台を見つめて動かない息子。

どうしたの?と聞いてみると「滑れない。」と言うので久しぶりだから怖いのかと一緒に滑りました。1度滑れば思い出して滑るかなと思っていたのですが、「もう1回したい。怖いからパパと滑る。」と何度も滑りたがるのに怖いから一人は嫌だとその日最後まで一人では滑りませんでした。帰り道、滑り台楽しかったの?怖かったの?と聞いてみました。

すると「また行こうね。滑り台。パパと一緒に滑ろうね」と楽しいけど、やっぱり少し怖がっている様子でした。一緒に楽しむのも微笑ましいですが、また息子のペースで怖さを克服して一人で滑れるようになり自慢気な顔をする息子の顔が見たいなと思いました。

スイミングコーチに教わったダイエット法

50分の中で、トレーニングするというのが、スイミングコーチに教わったトレーニング方法です。

10分走って、5分歩いて、それを3セット、最後の5分が、ストレッチ。

これで、ちょうど50分です。時には、歩くのを、階段の上り下りに変えたり、体調の悪い時は、走るのを早歩きにしたり、その辺は、臨機応変にしていきました。

筋力トレーニングも効果的ですから、腹筋は、できるだけ毎日行いました。それで、体幹は鍛えられましたし、姿勢もよくなってきたと思います。
後ろ歩きもとても効果的です。姿勢を正すためには、時々後ろ歩きをするのがいいですね。

ウォーキングシューズ1足あれば、始められるウォーキングは、運動が苦手な方に特にお勧めです。

姿勢を正して、かかとからつま先にかけて体重移動をするようにし、手はあまり振らないで、早歩きをすることを心がけてみてください。

お勧めの飲み物は、ごぼう茶です。便秘にも効果的ですし、髪の毛やお肌の調子がよくなりますから、とてもお勧めです。

体の中をお掃除してくれる働きがあるごぼう茶は、ヒット商品でもありますが、とても体にいいことで、皆さんにお勧めできます。

茶葉の場合は、茶殻も食べるといいですよ。 健康的な食生活で、元気に毎日を過ごしたいですね。

あと24/7ワークアウトの評判も良さそうです。最近ネットで調べているんですが、過度な糖質制限をするわけではなく、適度な食事制限と運動によって痩せるみたい。

ある程度自分で出来ない場合にはこういう所を頼るのも正解かもしれませんね。

やっぱりダイエットは運動と食事が王道です

私は結婚する前半年くらいに仕事を辞めました。ちょうど年度の変わる時の方が引き継ぎがしやすいためです。そして結婚式でつかう自分たちのプロフィールや招待状、席のカードなどを手作りすることを決めて家で作り始めました。

今まで朝早くから遅くまで外で働いていたのが急にあまり体を動かさなくなり、ストレスと運動不足であっという間に太ってしまいました。これはいけないと思い、近所のジムで運動をはじめて、食事を制限する生活を始めました。

ジムで指導されることを守って、ストレッチと軽い筋力トレーニングをしてほぼ毎日スタジオでヒップホップダンスやエアロビクスを2コマ(1コマ45分くらい)を受けました。結局3ヶ月程で10キロ痩せて、その間に見つけて買いたいと思っていたウエディングドレスを試着して買いました。ワンサイズのものだったので着られたのはとてもうれしかったです。

その時は単に「◎◎ダイエット」といったものはお金がかかるので、定番の運動と食事制限をするしかなかったのですが、結婚式が終わっても特にリバウンドすることもなく、ジムのお陰で家での筋力トレーニングの仕方やダンスのおもしろさも知ることが出来たので、その後は少し太ると自己流でストレッチや筋力トレーニングをして体重のコントロールをすることができるようになりました。

B-UPをやめると胸は小さくなる?口コミから評価してみる

B-UPってプエラリアミリフィカが入っているサプリですよね。それなら飲むのを辞めた途端、小さくなってしまうんじゃないかと不安になります。口コミを読んでみてもそんな感じの事が書いてあったりしました。

実際その成分が体の中に入っていると、女性ホルモンに似た作用があるので胸が大きくなるようです。ただやはりやめてしまうと元の大きさに戻ってしまうという人も居るようです。

ただB-UPによって乳腺が大きくなれば、その後の食事や運動などで大きさをキープしやすくなるというのもあるようです。ですので、B-UPを利用しながらバストアップに必要な食事や運動も合わせて行うというのがいいような気がします。

またある程度の期間飲み続けることも必要かもしれませんね。逆に結婚式などでキレイなスタイルと保ちたいとか、水着になるので胸をキレイに見せたいといった時に短期間だけ使うのもいいかもしれません。

B-UPが気になっている方は、こちらの口コミ体験談のサイトが参考になると思いますよ。

B-UP 口コミ

何十回言ってもわかってもらえない

子供と言うのは懲りるという事を知らないのだろうか。

たかが宿題をするとか、テストの予習をするとかそれぐらいのことを何十回言ってもわからないようで、毎日毎日同じ事で叱られている。

おそらくは学校でも同じように叱られてるのだと思われる。

きっと、授業中お喋りするなとか、みんなと同じ行動しなさいとか、しょうも無いことで叱られているんだろうな。

自分の利益になることなら(ゲームするとか玩具を買うとか旅行に行くとか)どんな事だって忘れないし、どんな遠くからだって聞き耳立てて寄って来るのに。

学校に行くのにランドセルを忘れない、とか、集金を持っていくとか、上靴を洗えとか、そんなことがいつになっても覚えられない。

しかっても「あ、そうだった。」でおしまいだ。少しも懲りていない。また明日も同じことを叱らなければならないのかと思うとうんざりだ。

一度突き放して、何も言わないでおいたこともあるが、何一つ改善しなかった。

つまり、宿題をしなかろうが、忘れ物をしようが、本人はちっとも困らないのだろう。

ぶん殴ってやりたいくらいイラつくが、今そんなことをしたら返り討ちにあってこっちが大怪我をしてしまう。

まあ、いつかは自分が困るときが来ればわかるだろう、という父親の言葉を信じるしかない母である。
お嬢様酵素 薬局

夫婦喧嘩を聞いてしまいました

うちのアパートは家族連れの入居者しかいない。

増築された部分に住んでるので隣人はおらず向かい側と上にひと家族が住んでいるのですが暮らし始めて声や音がうるさいと感じた事はない。

私たち夫婦は一階部分なので誰かが家の前を通って帰ってきたり階段を上る音は聞こえたりする程度です。

しかし昨日旦那とテレビを観ていると

ドンっという音と共に大きな声が聞こえてきたので旦那が何ごとかとテレビを消して耳を澄ますと

二階の住人が言い合ってる事が判明。

引っ越しの挨拶の時に会ってるし何度か顔を合わせてるけどおとなしそうなご主人と奥様だったので想像もつかないなと話していました。

30分ほど定期的に声がしたのですが他人の喧嘩だしそのうち収まるだろうと普段通りに過ごしていると

すごい音で階段を歩く音がしたのでまた耳をすませると私たちの家の窓にシルエットが写る距離で言い合いをはじめてしまったのです

「出て行く!」「好きにしろ」「大嫌い」の連鎖になんだかここに居る事が申し訳なくなってきた私たち。

そーっと電気を消して寝室に行ったのでその後の事はわかりませんが私たち夫婦も一年に一度ほど大きな喧嘩をするので周りに気を使わせないようにしなければ…と感じました。

初めて感動しました

旦那も私も子供は好き。結婚したばかりなのでまだ予定はありませんが、絶対に子供はほしいと思っています。

友人の子供が生まれるとおもちゃやお菓子を持って家に遊びにいったりした時に絵が好きな子供って結構多くて

描いた絵を私に見せて、猫とかママとかいうのですが小さい子の絵はただの丸とかぐちゃっと描いたものが多いので

「じょうずだね~」と言うもののこれが何なのかはわからないって感じでした。

旦那の妹の子供は私にもすごくなついてくれていて二人とも大好きです。

痩せる食事

二人に会った時に旦那の実家で居たのですが、姪っ子のほうが画用紙にマッキ―の黒いペンでなにやら塗りつぶしていたのでこれな~に?と聞くと出来上がるまで内緒~と教えてくれませんでした。

出来上がるのを待っていると他の子と変わらない絵ではあったのですが、これあげるね。とくれました。

これは何を書いてくれたのかな~と聞くと私を指さしたので、私を描いてくれたんだとわかりました。ただの塗りつぶした絵ではあっても姪っ子が一生懸命書いてくれた事に感動。

今でもずっと部屋に飾っています。

検問してる横を歩いて通る

家の前の道路は結構夜に検問をやっている事が多い。

交通量が多いわけではないのでずらっと車が並ぶって事はないんですが、金曜の夜なんかは5台くらい検問待ちで並んでる。

その横を歩いて自宅まで帰るのですが、検問してる手前に入れる道があって何台かはその道に指示機も出さずにすっと入っていったりするのを観るんだけど

やましいのかな…なんて勝手に想像してしまう。

道をそれたらそこで検問をやってるわけではないので一瞬セーフと思うのかもしれないけど検問をやっていた道に戻ろうと住宅街を抜けるとそこでも必ず検問をやってるので逃げる事はできない。

お酒を飲むのは楽しいしリフレッシュにもなる。

終電の時間を気にしながら飲むのは少し物足りないと思う人が少しなら大丈夫って思って乗っちゃうんだろうけど

何か起きてから後悔しても遅い。

単独なら自己責任だけど何も悪くない人を巻き込む可能性ってお酒を飲んでなくてもあるかもしれないのだから。

道をそれる車やバイクに対して心の中でそこを抜けたら結局検問やってるから逃げれないよ。と思いながら自宅に帰ってるけどそんな日の深夜ってバイクのうるさい音の後にパトカーのサイレンが響く事が多い…

子供の小さい足

子供の足は小さくて可愛いと感じます。祖母の家に行ったときにおじがいて私の息子が裸足で寝転がりごろごろしているのをそばでみてこのあしみてごらんよ、可愛いなぁ指がちっちゃくてキノコみたいだよと祖母に言っていました。きっとナメコだなと思いました。そう思ったことはありませんでしたが言われてみると本当にそうだなと感じました。

子供の足の裏は私のスマートフォンの大きさより小さくて本当に愛しくなります。電話遊びが好きな我が子にちょっとふざけてあ、電話だ!もしもしといって子供の足を電話のように耳のそばに持ってしゃべってみてあ、これ足だったとおどけたら子供が大笑いしてくれました。

顔脱毛

そしてもっとやって、もっとやってとせがむようになり最近一日に何回かこの遊びをしています。息子も私や主人の足を使って同じ遊びをするようになってしまいました。いつ飽きてやらなくなるかは分かりません。自分の足のうらを耳に当てる子供をみると体が柔らかいなと思います。そしてその形がまた可愛いと思ってしまう親バカな自分もいます。

手芸をしたくなる

NHKで放送しているすてきにハンドメイドという番組があります。手芸などは得意なわけではありませんがもともと好きなのでみているのも楽しい気分になる番組です。みていると作ってみたいなと思うような番組です。がやがやうるさい番組と違って穏やかな気持ちでみられる番組でもあります。日常で使う機会のある物を手作りで作れるのを紹介して教えてくれるのでいい番組だと感じています。

布屋さんとか手芸用品が売っているお店の前を通るとやはり足をとめてしまうものです。そこにかざってある手芸品などは可愛い物が置いてあったりして良いなぁとも思います。お店にいるだけで楽しい気分になれる場所です。子供が小さいので今後まだ色々と作る機会があるので大変だとも思うかもしれませんがその時がくるのがちょっと楽しみです。

作る物の色や形をイメージして自分の好きなデザインで作ってみたりもくもくと集中して針仕事もしたいです。目が疲れたり、肩こりにならないように注意はしたいです。

食べることが生き甲斐です

私は食べることが大好きです。1日の半分以上は食べることについて考えています。食事を抜くなんて有り得ない。1日3食美味しいものを食べたい。

だからといって、頻繁に外食したり、高価なお惣菜を購入するというわけではないですよ。家にある材料、またはスーパーのお買い得な食材を使って、自分好みの美味しい料理を作ったり、市販のアイスやデザートを買って食べたり、それが幸せなんです。

特にアイスクリームは大好きです。最近は次から次へと新商品が売り出されるので、あれもこれも食べたくなりますよね。普段は100円以下のアイスを楽しむことが多いのですが、今日はたまたまハーゲンダッツとグランの安売りをしていたので、たくさん買い込んでしまいました。今冷蔵庫の中にそれがあって、いつでも食べられると思うだけでとっても幸せな気持ちになります。一個食べると、ついついもう一個と手が伸びてしまいがちですが、どうか一つずつ味わって食べられますように。それが今の私の切なる願いです。馬鹿でしょ?でも、それが食べるの大好きな私の本音なんです。

痩せたいという気持ちはありますけど食べちゃうんですよね。そんなあなたにはこちらのサイトが役立つかもしれません。

痩せたい 食べちゃう

夜桜鑑賞

春から夏にかけては、色とりどりの花が

それぞれの家の庭先を彩っていてとても美しいので、

よそ様のお家ですが、花を愛でながら

目的地まで通っています。

特に、桜の季節は、大きな家には桜の木があって、

それが道を行き交う人々の心を多いに和ませてくれました。

朝は、桜の近くに行くと、華やかな美しさに心が弾み、

明るい気分になりました。

粋なはからいだなと思ったのは、

週末だけ、お向かいの家の大きな桜の木に

スポットライトを当ててくれているお家があって、

夜桜を、家路に帰る人々が楽しめるようにしてくれて

いたことでした。

おそらく、桜の持ち主にも話をして、

ちゃんと桜が美しく見える角度に照明を当ててくれていましたが、

自宅の窓からは、ひょっとしたら見えないかもしれません。

明らかに、その桜の木の下を通って、帰る人たちの

ためのものでした。

美しさに見ほれてしまうほど、桜の花びらはやさしく、

幹は堂々としていました。

心が洗われて、また明日がんばろうという気持ちに

させてくれました。

桜の美しさと、桜の持ち主の寛容さと、お向かいの方の

粋な配慮に感謝した季節でした。

バナナを見るとダイエットを思い出す

これまでたくさんのダイエットをしてきました。1番健康的で良いと感じたのは、適度な食事制限と筋肉トレーニング。均整のとれた体型になれて、これ以上の方法はないと思います。

しかし、今回取り上げるのはそこでなく、過去のあるあるについて。多くの方が取り組まれていて、なおかつ記憶にあるのがバナナダイエット。ミーハーな私も当時挑戦した一人でした。

テレビでたくさんの芸能人が挑戦し、数多くのバナナダイエットに特化した本も出されました。当時はスーパーに並ぶバナナが高騰し、品薄状態に。

今やほとんどバナナダイエットをする人などいないと思いますが、本当に笑えるくらいたくさんの人がバナナを食べていたんだと思います。確か、朝ご飯にバナナのみを食べたいぶんだけ!というような内容だったかと…。

一日のうちでバナナを食していたのは朝食時のみでしたが、それでも大飯食らいのわたしは『食べたい分だけ』を忠実に守り、それはもう4~5本食べていたと思います。…どのくらい続けたでしょうか。1.5ヶ月も続けたか覚えてもいませんが、最終的に『バナナに食べることが飽きた』ことにより、このダイエットはあっけなく私の中で終わりました。

痩せたかな?それさえも覚えていません。やはり食材は美味しいと感じるところで止めておかなくてはと強く感じた経験でした。

ダイエットにランニングは効果的!

私は数年前からダイエットと健康のためにランニングをはじめました。週に2回のペースで続けているのですが、少しずつ効果が出てきているように感じられます。

まず、太ももなど、脚まわりが引き締まってきました。そして、呼吸が深くできるようになったのでよく眠れるようになりました。ぐっすり眠れることもダイエットには効果があると聞いていたので、体調もよくなり、ダイエットにも効果があれば一石二鳥です。まずは自分のペースではじめることをおすすめします。最初は体をならす感覚で、体をゆっくりとほぐして、ストレッチをしてからはじめましょう。

なれてきたら距離を伸ばしていきましょう。私はバームなど、脂肪を燃やすといわれているスポーツ飲料も取り入れています。ダイエットをする上で心がけているのは無理をしないこと。食事もカロリー分析などはせず、炭水化物を控えめに野菜や魚を中心に摂取しています。そして夜9時以降は食べないようにしています。夏に向けてダイエットに励みます。

キャベツダイエットを失敗しないよう心掛けることは何か

取り組んでいる方は生のキャベツを毎日食べる日々を過ごしているでしょう。

このダイエットは、「キャベツを毎日一定量食べる」

この1点を守りさえすれば必ず成功するものです。簡単に見えるでしょう。なのに失敗してしまうのはどういうわけなのか?このダイエットが失敗してしまう原因は周りからの誘いの声から始まります。

「○○さんお久しぶり!近くにお手ごろ価格で雰囲気もいいイタリアン見つけたんだけど一緒に行かない?」

というような感じで親しい友人に声を掛けられたら断れますか?自分は行くつもりはないのに周りから誘惑してくるのが最大の抵抗です。もちろん、ダイエットしてると分かって言っているわけではありません。

だから、お断りするのが難しい。「人間関係悪くしない為に参加しなきゃダメ」と思って行ってしまうとリバウンドの道を歩むことになってしまいます。「今日くらいいいよね」という感じでダイエット継続できなくなり、行き着く先はダイエットそのものをやらなくなってしまいます。

味気もない生キャベツを食べた数ヶ月が無駄になってしまうわけです。キャベツを食べる習慣そのものが破綻して失敗してしまうのです。

では、どうすれば防げるのか?最初は恥ずかしいかもしれませんが、周りからの誘惑を防ぐ効果的な方法があります。

「私は今日からダイエットするからお付き合いは難しくなります」

ときちんと家族や友人や職場の同僚にダイエットしてる公言することです。そうすれば不用意に誘われることはないはずです。

本当にダイエットしたいならダイエット宣言をし協力してもらうのが一番でしょう。