in リバウンドしない方法

夜桜鑑賞

春から夏にかけては、色とりどりの花が

それぞれの家の庭先を彩っていてとても美しいので、

よそ様のお家ですが、花を愛でながら

目的地まで通っています。

特に、桜の季節は、大きな家には桜の木があって、

それが道を行き交う人々の心を多いに和ませてくれました。

朝は、桜の近くに行くと、華やかな美しさに心が弾み、

明るい気分になりました。

粋なはからいだなと思ったのは、

週末だけ、お向かいの家の大きな桜の木に

スポットライトを当ててくれているお家があって、

夜桜を、家路に帰る人々が楽しめるようにしてくれて

いたことでした。

おそらく、桜の持ち主にも話をして、

ちゃんと桜が美しく見える角度に照明を当ててくれていましたが、

自宅の窓からは、ひょっとしたら見えないかもしれません。

明らかに、その桜の木の下を通って、帰る人たちの

ためのものでした。

美しさに見ほれてしまうほど、桜の花びらはやさしく、

幹は堂々としていました。

心が洗われて、また明日がんばろうという気持ちに

させてくれました。

桜の美しさと、桜の持ち主の寛容さと、お向かいの方の

粋な配慮に感謝した季節でした。